穴埋め。

 

しかし東京読売巨人軍は、マウンドスタッフの整備はどないなってるんやろな?

弱いくせに。

こないだ、試合の97%はシュート投げてたらしい元OBの西本聖さんも言ってはったけども。。。

FA丸、炭谷どうこうより、田口麗斗の再生が急務やろ。

背番号変えてる場合ちゃうぞ。。。

誰が見ても、東京読売巨人軍が弱い原因はマウンドスタッフ。

先発の駒とか抑え不在とかよりも、やはり山口鉄也の穴が埋めきれてないのが辛い。

なんせ、穴埋め候補一番手森福はは、ファンにハイタッチもしてもらえんぐらいやからな(笑)

言い換えれば、山口鉄也がどんだけ頑張ってくれてたかということやわな。

材料

オランダ水牛印鑑とは、別の名を白水牛印鑑とも呼ばれていまして、茶色、白、黒などの色鮮やかなグラデーションが特徴の印鑑であります。

オランダ水牛印鑑(白水牛印鑑)は、一本一本が全て異なる色合いになっている印鑑であり、全く同じ色、柄の印鑑が一つとしてありません。

またオランダ水牛の角(ツノ)におけるどこの部分を印鑑材料として使っているのかによって、印鑑完成品の値段がまあまあ異なっております。

アグニ印鑑材料とは、フェノール樹脂と、印鑑業界において「積層強化木」と呼ばれている真樺とをまぜこぜに混ぜたものからできている印鑑材料なのであります。→判子安い

アグニ印鑑材料は、赤い木目調の見た目が特徴であり、耐久性にもかなり優れています。

また、地球環境にも優しい素材として広く知られているのであります。

白檀印鑑材料とは、主にインドネシア、インド、オーストラリアなどから切りとれる木材を使ったものであります。

白檀印鑑材料は、匂い袋や線香の原材料としても大切に使われているように、とてもいい香りがしますね。

白檀印鑑材料で作成した印鑑は、それなりに長く使っていると赤い朱肉の油成分が印面に染み込んでしまい、印鑑の印面部分がもろくなってしまうというマイナスの可能性があったりします。

ですので、白檀印鑑材料で作成した印鑑を使用後は、印面にベタベタにくっついた赤い朱肉をしっかりとウェットティッシュなどでふき取るように留意してくださいね。

老舗中の老舗

 

おはようございます。

今日、生まれてはじめて日記をアップいたしますボクは、宮崎県に本拠地を置く石頭岩男(いしあたまいわお)というハンコ彫り師であります。

なにとぞ、宜しくお願いいたします。

我が石頭一族は、なんと宮崎県で2代も続いている老舗中の老舗ハンコ屋(石頭はんこ)なのであります。

我が石頭はんこは、ボク(石頭岩男)の爺さんである故石頭固男(いしあたまかたお)が作った老舗中の老舗ハンコ屋なのであります。

石頭はんこ初代オーナーである爺さん(石頭固男)のオーナー引退後は、一人息子である石頭鉄男(いしあたまてつお、石頭岩男の親父)が跡を引き継いで石頭はんこ2代目オーナーとなりました。

石頭はんこ2代目オーナーの石頭鉄男には、次男坊のボク(石頭岩男)を含めた3人の子がおります。

つまり、ハンコ彫り師たるボク(石頭岩男)には、きょうだい(兄貴と姉貴)が2人ほどいるわけであります。

そのきょうだい(石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男の嫡男と長女)の名前といえば、石頭意地男(いしあたまいじお、石頭岩男の兄貴)と石頭頑子(いしあたまがんこ、石頭岩男の姉貴)であります。

兄貴の石頭意地男は当たり前ながら、我が石頭はんこ三代目オーナーとなるべきポジションの、いわゆる世継ぎ嫡男なのであります。

ですので、いま現在の石頭意地男は、弟のボク(石頭岩男)と2人で生家たる石頭はんこに入職いたしまして、石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男(石頭意地男、石頭岩男ブラザーズの親父)による飽くなきハンコ彫り師養成トレーニングを月月火水木金金のごとくこなしつづけているところなのであります。

 

印鑑豊中

実母 姉貴

印鑑東淀川区※高い印章屋を断って、安い通販ハンコに心変わり。

姉貴の石頭頑子は、我が地元の区役所に就職が決まり、地方公務員となって休むことなく出勤しているようです。

地元の区役所職員である石頭頑子が配属された部署は、生家がハンコ屋(石頭はんこ)だからなのかはハッキリ分かりませんが、もろにハンコ登録係なのであります。

姉貴(石頭頑子)も、老舗中の老舗である石頭はんこの長女という責任感から、ハンコ登録係の窓口応対に真摯な態度で取りくんでいるだろうと考えられます。

まあボク(石頭岩男)も、姉貴(石頭頑子)のハンコ登録係における活躍ぶりをこの目で見たってわけではありませんので、「まあ、真剣にやってはいるんだろうなレベル」にとどめておきたいのですが(-_-;)

あ、ボクとしたことが、うっかり忘れるところでした。。。

我が実母の石頭和子(いしあたまかずこ、石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男の嫁さん、旧姓益田)も、一応ではありますが、まだまだこの世で元気に生きておるわけです。

恐らく石頭はんこ三代目オーナーとなるであろう石頭意地男(嫡男)、恐らく石頭意地男のよきサポート役となるであろう石頭岩男(次男坊、ボク)、区役所のハンコ登録係を恐らく真剣にやっているであろう石頭頑子(長女)という、3人のまともな子たちを出産した石頭和子は、夏が来たら朝も早くから町内の空き地へと出掛けていくのです。

で、我が実母たる石頭和子は、近くの少年少女たち(馬鹿ばっかり)のラジオ体操にさっそうと飛入りして、少年少女たちのラジオ体操完了カードにハンコ(石頭はんこ製)を捺印するのを余生のライフワークにしているのであります。

ラジオ体操完了カードなんか少年少女たちだけ持ってれば十分事足りるはずなのに、我が家の石頭和子(石頭意地男、石頭岩男、石頭頑子の実母)ときたら、自分専用のラジオ体操完了カードなんか作成して、自分勝手に完了証明のハンコ(石頭はんこ製)を捺印したりしてるんですからね(^_^;)

我が家の石頭和子(石頭意地男、石頭岩男、石頭頑子の実母)も、他に仕事がないものだから、とくにお呼びでもないのに近くのラジオ体操に出掛けてるんでしょう(^_^;)

まとめる

印鑑池田市

最初に、石頭はんこ次男坊のボク(石頭岩男)が、石頭はんこインフォメーションを下に掲載しておきますね。

爺さん 故石頭固男(いしあたまかたお)・・・石頭はんこ初代オーナー

親父 石頭鉄男(いしあたまてつお)・・・石頭はんこ2代目オーナー

実母 石頭和子・・・近くの空き地で、ラジオ体操完了カードのハンコおし係員(夏休みのみ、あとはフリー)

兄貴 石頭意地男・・・石頭はんこ三代目オーナー就任予定

ボク 石頭岩男・・・石頭はんこ三代目オーナーとなるはずである石頭意地男のサポート役に就任予定

姉貴 石頭頑子・・・地元を管轄する区役所のハンコ登録係職員

では、まとめになりますが、宮崎県の老舗中の老舗ハンコ屋たる我が石頭はんこ(オーナー石頭鉄男)におきましては、日本ハンコ業界としては大変斬新なチャレンジとなるミトメ印、銀行印、実印の成人ハンコ3本セットの発売をスタートすることに決定いたしました!

銀行口座を新設するにあたり、絶対に必要となる銀行印、宅配便のおっちゃんが来たら大活躍するミトメ印、住居がある自治体を管理する役場に登録しなければならない実印の成人ハンコ三本セットは、世の中にて働きはじめたら必ずや活躍してくれるであろうハンコなのであります。

このたび学生生活を終えて就職される新卒社会人の方々におかれましては、この石頭岩男(石頭はんこ次男坊)による日記をきっかけに、ぜひ我が石頭はんこの成人ハンコ三本セット(ミトメ印、銀行印、実印)をご贔屓していただきますよう、心底からお願いする次第でございます。

今日は最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

竹子

 

こんにちは。

私は、市役所で印鑑登録業務に携わっている有馬竹子(ありまたけこ)と申します。

いきなりで恐縮ですが、世間でよく言われるところのビッグイベント(会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時など)が、自分自身に突然迫ってきたら、あなたはどう対処しますか?

自分自身が焦ってしまったことが原因で、生半可かつアホみたいな実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を作ってしまうようなことが極力ないようにしたいものですよね?

ですから、お時間に余裕があるときに、前もってじっくりと実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を用意しておくべきでありましょう。

ご自分への実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)の購入はもちろんのことですが、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)って、値段相場がだいたい一万円以下となっていたりします。

印鑑淡路※マジで?ハンコ通販って、そんな安い値で売ってんの?

よって、ご子息様、お嬢様が高校・大学を卒業される時や、高校・大学に入学される時のお祝いとして、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)をプレゼントしてあげるというアイデアも、私としてはけっこうおすすめなんですよね。

まあ、別に街中の印鑑屋勤務でもあるまいし、市役所で印鑑登録業務に携わっているだけの有馬竹子(ありまたけこ)あたりが心配しなきゃいけないことではありませんよね。

失礼いたしました。

さいなら。

印鑑をプレゼント 意味

 

私は、自称印鑑マイスターの柿畑恵子と申します。

情けなくも私(柿畑恵子)はかつて、悪人による印鑑偽造の被害に遭ってしまい、何と200万円もの被害、借金を被ることになりました。

クソみたいな悪人による印鑑偽造の被害に遭ってしまい、200万円もの被害、借金を被ってからというもの、私(柿畑恵子)は印鑑なるものを自宅にて徹底的に研究いたしました。

なにしろ私(柿畑恵子)の部屋には、印鑑に関するぶ厚い専門書が10冊も置いてあるぐらいですからね!

しかし皆さま、想像してみてくださいよ。

六畳の狭い部屋の中に、10冊ものぶ厚い印鑑専門書があるわけですよ?

私(柿畑恵子)の狭い部屋の小さな本棚あたりに、ぶ厚い印鑑専門書が10冊なんて、到底収まり切るものではありません・・・。

とてもじゃありませんが、無理の極みであります!

困った私(柿畑恵子)は仕方なく、畳の上にぶ厚い印鑑専門書を重ねて、重ねて、積み上げて、積み上げて置いているぐらいですよ。

私(柿畑恵子)なんかこないだ、畳の上に置いてあるぶ厚い印鑑専門書にけっつまづいて、部屋の中で思い切り転んでしまいましたからね!

私(柿畑恵子)は、自分の部屋の中で、見事アホみたいなカッコになってしまいましたよ(恥)

もし、けっつまづいて転んだのが自宅の中じゃなくて街中だったら、思い切りスカートがまくれ上がって、道行く男連中にモロに印鑑柄のパンティを見られていたでしょうね!

印鑑淀川区

ダラダラ

印鑑箕面

和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の1代目オーナーである親父(今井博)は、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の跡継ぎとなる長男坊の僕ちゃん(今井雄二)を、もっとハードな環境で印章訓練させるべく、あえて関係性の希薄な人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)で訓練させることにしたんだろうと思うのです。

なにしろ僕ちゃん(今井雄二)は、和歌山県海南市のジュニアハイスクールを卒業して即座に、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)に入店しました。

お恥ずかしい話ですが僕ちゃん(今井雄二)は、世間の荒波を経験することなく、本当に和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)でダラダラとヌルマ湯生活を送っていたわけなのでありました。それこそ、緩みきった顔して。。。

そりゃ、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)での緩みまくった訓練環境なんか、ヌルマ湯の中のヌルマ湯に決まってます。。。

だって、和歌山県海南市にある今井はんこの1代目オーナーである親父(今井博)はもちろん、今井はんこの正社員たる印章彫り職人らは全員、僕ちゃん(今井雄二)が小さい時分から世話になってた人たちばっかでしたから。小遣いもろたりとか(^^*)

たぶん、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)での緩んだ訓練環境など、人類の体温よりぬるめ、つまりカゼひいてしまうぐらいぬるめのヌルマ湯だったような記憶があるのであります(;-_-;)

ぬるま湯

 

たしかに、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)から他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)に移籍した当初は、あまりの環境の変化(ぬるま湯⇒厳しい世間)に思い切り戸惑ってしまい、あろうことかホームシックにかかってしまったこともありましたよ。

摂津印鑑

でも、すっかり他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)での厳しい環境に慣れてしまった私(羽山宏伸)は、今後も他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)にて厳しくハンコ修行を重ね、いつか滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の2代目社長として故郷に錦を飾る日が来るように、一意専心の決意で頑張っていきたいと思っております。

滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の跡取り息子となる私(羽山宏伸)には、朝早くから他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)での厳しいハンコ修行が待っておりますので、この辺で失礼することにいたします。

今の私(羽山宏伸)なんか、風呂に入ってる時や食事をしてる時でさえ、他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)でのハンコ修行のことを考えているぐらいですからね。

気の休まるヒマがないというのも体に悪くて困りますから、睡眠ぐらいはしっかり取り、ハンコのことを忘れてリラックスしないとですね。

では、おやすみなさいませ。

大昔 エコ

琥珀という印鑑素材について話そうと思うのですが、だいたい琥珀というのは、気が遠くなるぐらい大昔に生えてた木の樹脂などが、地面の中でカチンコチンに化石化してしまったもののことを呼ぶのであります。

しかし、大昔に生えてた木の樹脂が完全に化石化してしまうまでに、何千万年?何億年というアホみたいに膨大な時間がかかるというのですから、恐れ入るというものですよね!

琥珀は、暖色系の色合いを基本に持ちながらも、かなり透明感のあるとても神秘的な外見を前面に押し出しているのであります。

琥珀という印鑑素材は、この神秘的な外見のため、見た目にこだわる女性たちに大変人気な印鑑の素材となっているのであります。

印鑑西淀川

しかし、琥珀という印鑑素材で作った印鑑をいざ使用する際は、きちんと印鑑ケースに入れるクセをつけて、妙に暑すぎるような場所などを極力避けながら保管、管理するように注意してくださいね。

そもそも琥珀という印鑑素材自体は、決して耐久性の高い屈強な印鑑素材というわけではありませんからね。

話は変わって、彩樺という印鑑素材は、素材特有の木目なるものがすごく特徴的でイケてる感じなんですよね。

また、彩樺という印鑑素材は、地球に優しいエコな印鑑素材であることも日本印鑑業界全体にて知られているのであります。

彩樺という印鑑素材は元々、一般的に真樺と呼ばれている樹木と、フェノールレジンとか呼ばれている樹脂をアツアツに加熱処理するなどして、ワザと人工的に作られたものなのであります。

まあ、フェノールレジンって言われても、私にはサッパリ意味なんかわからないし、フェノールレジンのイメージすらつかないのが正直なところなんだけど。。。

まあ、彩樺という印鑑素材で作成した印鑑がいい品物だってことだけ分かってれば、それでいいわけですからね。

さよなら。