老舗中の老舗

 

おはようございます。

今日、生まれてはじめて日記をアップいたしますボクは、宮崎県に本拠地を置く石頭岩男(いしあたまいわお)というハンコ彫り師であります。

なにとぞ、宜しくお願いいたします。

我が石頭一族は、なんと宮崎県で2代も続いている老舗中の老舗ハンコ屋(石頭はんこ)なのであります。

我が石頭はんこは、ボク(石頭岩男)の爺さんである故石頭固男(いしあたまかたお)が作った老舗中の老舗ハンコ屋なのであります。

石頭はんこ初代オーナーである爺さん(石頭固男)のオーナー引退後は、一人息子である石頭鉄男(いしあたまてつお、石頭岩男の親父)が跡を引き継いで石頭はんこ2代目オーナーとなりました。

石頭はんこ2代目オーナーの石頭鉄男には、次男坊のボク(石頭岩男)を含めた3人の子がおります。

つまり、ハンコ彫り師たるボク(石頭岩男)には、きょうだい(兄貴と姉貴)が2人ほどいるわけであります。

そのきょうだい(石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男の嫡男と長女)の名前といえば、石頭意地男(いしあたまいじお、石頭岩男の兄貴)と石頭頑子(いしあたまがんこ、石頭岩男の姉貴)であります。

兄貴の石頭意地男は当たり前ながら、我が石頭はんこ三代目オーナーとなるべきポジションの、いわゆる世継ぎ嫡男なのであります。

ですので、いま現在の石頭意地男は、弟のボク(石頭岩男)と2人で生家たる石頭はんこに入職いたしまして、石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男(石頭意地男、石頭岩男ブラザーズの親父)による飽くなきハンコ彫り師養成トレーニングを月月火水木金金のごとくこなしつづけているところなのであります。

 

印鑑豊中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です