材料

オランダ水牛印鑑とは、別の名を白水牛印鑑とも呼ばれていまして、茶色、白、黒などの色鮮やかなグラデーションが特徴の印鑑であります。

オランダ水牛印鑑(白水牛印鑑)は、一本一本が全て異なる色合いになっている印鑑であり、全く同じ色、柄の印鑑が一つとしてありません。

またオランダ水牛の角(ツノ)におけるどこの部分を印鑑材料として使っているのかによって、印鑑完成品の値段がまあまあ異なっております。

アグニ印鑑材料とは、フェノール樹脂と、印鑑業界において「積層強化木」と呼ばれている真樺とをまぜこぜに混ぜたものからできている印鑑材料なのであります。→判子安い

アグニ印鑑材料は、赤い木目調の見た目が特徴であり、耐久性にもかなり優れています。

また、地球環境にも優しい素材として広く知られているのであります。

白檀印鑑材料とは、主にインドネシア、インド、オーストラリアなどから切りとれる木材を使ったものであります。

白檀印鑑材料は、匂い袋や線香の原材料としても大切に使われているように、とてもいい香りがしますね。

白檀印鑑材料で作成した印鑑は、それなりに長く使っていると赤い朱肉の油成分が印面に染み込んでしまい、印鑑の印面部分がもろくなってしまうというマイナスの可能性があったりします。

ですので、白檀印鑑材料で作成した印鑑を使用後は、印面にベタベタにくっついた赤い朱肉をしっかりとウェットティッシュなどでふき取るように留意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です