実母 姉貴

印鑑東淀川区※高い印章屋を断って、安い通販ハンコに心変わり。

姉貴の石頭頑子は、我が地元の区役所に就職が決まり、地方公務員となって休むことなく出勤しているようです。

地元の区役所職員である石頭頑子が配属された部署は、生家がハンコ屋(石頭はんこ)だからなのかはハッキリ分かりませんが、もろにハンコ登録係なのであります。

姉貴(石頭頑子)も、老舗中の老舗である石頭はんこの長女という責任感から、ハンコ登録係の窓口応対に真摯な態度で取りくんでいるだろうと考えられます。

まあボク(石頭岩男)も、姉貴(石頭頑子)のハンコ登録係における活躍ぶりをこの目で見たってわけではありませんので、「まあ、真剣にやってはいるんだろうなレベル」にとどめておきたいのですが(-_-;)

あ、ボクとしたことが、うっかり忘れるところでした。。。

我が実母の石頭和子(いしあたまかずこ、石頭はんこ2代目オーナー石頭鉄男の嫁さん、旧姓益田)も、一応ではありますが、まだまだこの世で元気に生きておるわけです。

恐らく石頭はんこ三代目オーナーとなるであろう石頭意地男(嫡男)、恐らく石頭意地男のよきサポート役となるであろう石頭岩男(次男坊、ボク)、区役所のハンコ登録係を恐らく真剣にやっているであろう石頭頑子(長女)という、3人のまともな子たちを出産した石頭和子は、夏が来たら朝も早くから町内の空き地へと出掛けていくのです。

で、我が実母たる石頭和子は、近くの少年少女たち(馬鹿ばっかり)のラジオ体操にさっそうと飛入りして、少年少女たちのラジオ体操完了カードにハンコ(石頭はんこ製)を捺印するのを余生のライフワークにしているのであります。

ラジオ体操完了カードなんか少年少女たちだけ持ってれば十分事足りるはずなのに、我が家の石頭和子(石頭意地男、石頭岩男、石頭頑子の実母)ときたら、自分専用のラジオ体操完了カードなんか作成して、自分勝手に完了証明のハンコ(石頭はんこ製)を捺印したりしてるんですからね(^_^;)

我が家の石頭和子(石頭意地男、石頭岩男、石頭頑子の実母)も、他に仕事がないものだから、とくにお呼びでもないのに近くのラジオ体操に出掛けてるんでしょう(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です