竹子

 

こんにちは。

私は、市役所で印鑑登録業務に携わっている有馬竹子(ありまたけこ)と申します。

いきなりで恐縮ですが、世間でよく言われるところのビッグイベント(会社を起こす時・車を売買する時・遺産を相続する時など)が、自分自身に突然迫ってきたら、あなたはどう対処しますか?

自分自身が焦ってしまったことが原因で、生半可かつアホみたいな実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を作ってしまうようなことが極力ないようにしたいものですよね?

ですから、お時間に余裕があるときに、前もってじっくりと実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)を用意しておくべきでありましょう。

ご自分への実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)の購入はもちろんのことですが、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)って、値段相場がだいたい一万円以下となっていたりします。

印鑑淡路※マジで?ハンコ通販って、そんな安い値で売ってんの?

よって、ご子息様、お嬢様が高校・大学を卒業される時や、高校・大学に入学される時のお祝いとして、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)をプレゼントしてあげるというアイデアも、私としてはけっこうおすすめなんですよね。

まあ、別に街中の印鑑屋勤務でもあるまいし、市役所で印鑑登録業務に携わっているだけの有馬竹子(ありまたけこ)あたりが心配しなきゃいけないことではありませんよね。

失礼いたしました。

さいなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です