印鑑をプレゼント 意味

 

私は、自称印鑑マイスターの柿畑恵子と申します。

情けなくも私(柿畑恵子)はかつて、悪人による印鑑偽造の被害に遭ってしまい、何と200万円もの被害、借金を被ることになりました。

クソみたいな悪人による印鑑偽造の被害に遭ってしまい、200万円もの被害、借金を被ってからというもの、私(柿畑恵子)は印鑑なるものを自宅にて徹底的に研究いたしました。

なにしろ私(柿畑恵子)の部屋には、印鑑に関するぶ厚い専門書が10冊も置いてあるぐらいですからね!

しかし皆さま、想像してみてくださいよ。

六畳の狭い部屋の中に、10冊ものぶ厚い印鑑専門書があるわけですよ?

私(柿畑恵子)の狭い部屋の小さな本棚あたりに、ぶ厚い印鑑専門書が10冊なんて、到底収まり切るものではありません・・・。

とてもじゃありませんが、無理の極みであります!

困った私(柿畑恵子)は仕方なく、畳の上にぶ厚い印鑑専門書を重ねて、重ねて、積み上げて、積み上げて置いているぐらいですよ。

私(柿畑恵子)なんかこないだ、畳の上に置いてあるぶ厚い印鑑専門書にけっつまづいて、部屋の中で思い切り転んでしまいましたからね!

私(柿畑恵子)は、自分の部屋の中で、見事アホみたいなカッコになってしまいましたよ(恥)

もし、けっつまづいて転んだのが自宅の中じゃなくて街中だったら、思い切りスカートがまくれ上がって、道行く男連中にモロに印鑑柄のパンティを見られていたでしょうね!

印鑑淀川区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です